MAYA

[English will follow below] MAYA Summer

MAYA(本名:Maya Bergman)はスウェーデン、ストックホルム出身の女性アーティストである。彼女が影響を受けたとされる音楽は、ジェフ・バックリィ(Jeff Buckley)、ヤン・ティルセン(Yann Tiersen)、レディオヘッド(Radiohead)、ジミ・ヘンドリックス(Jimi Hendrix)、ジャック・ホワイト(Jack White)、ピクシーズ(Pixies)、ザ・ノーベンバーズ アンド アマンダ・パルマー(The Novembers and Amanda Palmer)など多岐にわたる。

2007年、彼女にとって初のソロ・プロジェクト”Monorailmusic”を立ち上げた。彼女にとって先輩となるミュージシャン達(カセットテープクラブ)と海外との交流を目的とした作品制作を行った。彼女の作品二曲を収録したこのカセットテープはスウェーデンとオーストラリアでリリースされた。
“Monorailmusic”と平行して、2008年には彼女の初となるプログレッシブ・インディーロックバンド”Preludes and Nocturnes” を立ち上げた。

それとは別に、彼女はこれまでに数々のプロジェクトに参加してきた。そのひとつに、30名を超える経験豊富なギタリスト達が参加するというエレクトリックギター・オーケストラがある。このオーケストラは2010年、映画”It might get loud”(邦題『ゲット・ラウド ジ・エッジ、ジミー・ペイジ、ジャック・ホワイト×ライフ×ギター』)の初演の際に演奏した。

2011年に音楽学校(Fryshuset:様々なプログラムが併設したストックホルムに在る学校。)を卒業。専攻のプログラム”Rock – Instrument”(3年制)在学中はギターをメイン楽器とし、同時にピアノと音楽理論も学んだ。

2012年にストックホルムに拠点を置くバンド、”Novembervägen”にボーカリストとして参加。その独創的なステージングはスウェーデンの数々の舞台で賞賛され、2014年にはコンペティション *”Livekarusellen Stockholm” で優勝した。

2015年5月、彼女にとって人生初めての来日を果たす。滞在中は東京を中心に16回ものステージをこなし、それらを成功させた。同年6月、Novembervägen名義のフルアルバム”Destination”を発表、日本ツアーを行った。これを最後とし、Mayaとバンドはそれぞれの道を歩む決断をした。

現在彼女は自身のプロジェクトを中心に活動中。歌とギター、ピアノ、そしてウクレレと共にさらに広い世界へ羽ばたこうとしている。

*
“Livekarusellen Stockholm” はスウェーデンで毎年行われるコンペティションで、得にステージに置いての独創性を評価されるものである

MAYA MELODIA Tokyo

Maya Bergman is a 23 year old woman from Stockholm, Sweden. Her music has wide range of influences from artists as: Jeff Buckley, Yann Tiersen, Radiohead, Jimi Hendrix, Jack White, Pixies, The Novembers and Amanda Palmer.

2007 she started her first solo-project called “Monorailmusic”. Together with a group of older Swedish musicians a cassette tape-club made an overseas collaboration project where two of her songs was released on cassette tape in Sweden and Australia.
Beside “Monorailmusic” she started her first band in 2008, called “Preludes and Nocturnes” and played progressive indie rock.

Apart from that she have been participating in several different music projects in Stockholm, for example an electric guitar orchestra consisting of around 30 experienced electric guitar players that in 2010 played on the Swedish premiere of the movie “It might get loud”.

2011 she graduated from Fryshuset 3 year music educational program “Rock – Instrument” with guitar as main subject, but also studied piano and music theory.

2012 She started singing in Stockholm based band Novembervägen. Praised for their originality and dramatic stage performances Novembervägen played on several big stages in Sweden and 2014 they won first place in the Swedish competition “Livekarusellen Stockholm”.

In May 2015 Maya made her first visit to Japan and has since that played a total of 16 successful shows around Tokyo.
In June 2015 Maya wrapped up her years with Novembervägen by releasing a full length album called “Destination” and they made a last tour together in Japan.

Now she is aiming at performing on stages all over the world with her praised solo-project in which she sings, plays guitar, Piano and Ukulele!

MAYA Novembervagen